そこにあるイイもの

ネットショッピング 商品紹介 アプリ

米ぬかの効能・効果 こめぬかに栄養はあるのか? 健康にいいのか? がん予防 便秘予防

 

米ぬかとは

玄米の表面をけずって精米するとできるのが「米ぬか」です。この中には玄米に含まれる栄養素の実に9割以上が含まれています。せっかく店頭で精米してもらいながら、持って帰るのがお米(白米)だけというのはもったいないです。

米ぬかの効能・効果

米ぬかは便通改善や整腸効果など「胃腸系」の生理機能アップや、肌荒れ解消やアトピー・花粉症改善など「皮膚系」の生理機能アップ、また血液サラサラ効果や血糖値低下など「血液系」の生理機能アップにつながる、すぐれた栄養成分をたくさん含んでいます。

f:id:japanblogkun:20210322142156j:plain

便秘予防

米ぬかパワーでスーッと出す!食べる米ぬか【カーナの約束】

 

ビタミン・ミネラル

米ぬかはお米の命といわれる胚芽とそれを守る種皮と果皮が原料。胚芽部分には抗酸化作用のあるビタミン類やミネラル、体の毒素の排出をすすめるフィチン酸などの成分が、また表皮部分には腸内を掃除してくれる食物繊維などの成分がたくさん含まれています。

癌予防

天然の抗がん物質IP6(イノシトールー6‐リン酸)は米ぬか層に含まれている玄米の表面を覆っている米ヌカは人体に有用な成分をたくさん含んでいます。その中でもIP6は天然の抗ガン物質とも呼ばれています。

 

米ぬかのビタミン

ビタミンBは、米ぬかから発見されたのです。これが不足すると脚気はもちろん、イライラしたり、疲れやすくなったり、肌があれて吹き出物が出たりします。

コレステロール低下


米ぬかに含まれる、ダイエタリー・ファイバーには、コレステロールが体内に吸収されるのを防ぎ、血中のコレステロール値を下げる働きがあります。

 

米ぬかの成分

フィチン酸

がん作用・抗腫瘍作用、尿路結石や腎結石の予防、歯垢形成抑制の効果などがあるとされる。

イノシトール
脂肪肝高脂血症セロトニン異常に起因するうつ病パニック障害強迫神経症に有効とされる研究結果もある。

 フェルラ酸
米糠に特有である。紫外線吸収、酸化防止機能があり、食品や化粧品に用いられる。

γ-オリザノール
米糠に特有である。コレステロールの吸収を抑える作用、更年期障害などの不定愁訴に効用があるとして医薬品として用いられる。また、紫外線防止のために化粧品に用いられる。

その他

食物繊維 ビタミンB1,ビタミンB6ビタミンE , ミネラル,,マグネシウム,マンガン